Skip to content

使いきったら同じところで再発注も出来る

パソコン印刷会社におやこ名刺を依頼すれば、そのデータは一定期間保存されます。そのため、使い終わった後は同じ印刷会社で「再発注」をすれば、テンプレート選びや文字選びなどをスキップして発注が可能です。ただし、これは前回と同じ会社で発注した場合のみです。他の会社で発注すると、最初からになるので注意しましょう。

名刺データが残る期間については、印刷会社によって違います。依頼者側が問い合わせない限り、半永久的にデータが残る会社もあれば、1年という期間を設けている会社もあります。注文した会社が再発注に対応しているか、データの保存期間など疑問がある場合は問い合わせましょう。

再注文をする場合、印刷会社のオンラインサイトに登録をしないといけない場合もあります。こちらについては、登録なしで出来る会社と出来ない会社、それぞれ半分ずつといったところです。登録制の印刷会社は比較的データ保存の期間が長い傾向にあります。登録なしの場合は、ほぼ会社のパソコンに入っているため、注文人数が多くなり、長期間の再発注がないとデータが消えてしまうこともあります。他には、再発注は100枚からと枚数制限をしているところもありますし、再発注時は割引をするところもあります。会社によってサービスは変わってくるので、色々見た方がいいでしょう。