Skip to content

作者別: 管理者

繁栄期は希望通りに行かない可能性がある

入園式おやこ名刺を作る際、印刷会社に依頼すると基本的に早い仕上がりで送ってくれるのが特徴です。しかし、長期連休や繁栄期は希望通りの日程で作成出来ない可能性があります。長期連休の場合は会社が動いていないこともあり、名刺作成が遅れるのは当然です。問題なのは、繁栄期です。おやこ名刺が活躍する時期と言えば、入学式や入園式が挙げられます。その時期に合わせて購入しようと、依頼が殺到していることもあるため、公式サイトで発表されている日程で作成出来ない場合があるのです。

繁栄期は仕方ないとしても、それ以外では依頼者の予想以上に早い仕上がりを見せてくれます。おやこ名刺を作成する場合は、入園式や入学式ギリギリではなく余裕を持って発注しておきましょう。

おやこ名刺を作る時は、ママだけではなく子供と一緒に名刺に載せる写真を選ぶのもコミュニケーションが取れるのでオススメと答える人が多いです。印刷会社は用意されたテンプレートしか使ってはいけないわけではなく、データ入稿として、写真を使って作る人も珍しくありません。おやこ名刺の場合は、子供の写真データ入稿をして、名刺の一部分に表示させる人がほとんどです。テンプレートのみではなく、写真を使う場合は若干手間がかかるので、早めの発注をしておきましょう。

使いきったら同じところで再発注も出来る

パソコン印刷会社におやこ名刺を依頼すれば、そのデータは一定期間保存されます。そのため、使い終わった後は同じ印刷会社で「再発注」をすれば、テンプレート選びや文字選びなどをスキップして発注が可能です。ただし、これは前回と同じ会社で発注した場合のみです。他の会社で発注すると、最初からになるので注意しましょう。

名刺データが残る期間については、印刷会社によって違います。依頼者側が問い合わせない限り、半永久的にデータが残る会社もあれば、1年という期間を設けている会社もあります。注文した会社が再発注に対応しているか、データの保存期間など疑問がある場合は問い合わせましょう。

再注文をする場合、印刷会社のオンラインサイトに登録をしないといけない場合もあります。こちらについては、登録なしで出来る会社と出来ない会社、それぞれ半分ずつといったところです。登録制の印刷会社は比較的データ保存の期間が長い傾向にあります。登録なしの場合は、ほぼ会社のパソコンに入っているため、注文人数が多くなり、長期間の再発注がないとデータが消えてしまうこともあります。他には、再発注は100枚からと枚数制限をしているところもありますし、再発注時は割引をするところもあります。会社によってサービスは変わってくるので、色々見た方がいいでしょう。

おやこ名刺を印刷会社で作るメリット

カラー名刺おやこ名刺を作る場合、パッと思いつくのが印刷会社に依頼することです。印刷会社にもよりますが、デザインの種類が豊富で自分でデザインと文字を組み合わせていくのでオリジナル感たっぷりの名刺が作れます。おやこ名刺のデザインは、一般的にポップでカラフルなものが多い傾向にあります。パステルカラー調で、子供とママというテーマにピッタリのものがあるので、自分らしいデザインを見つけましょう

印刷会社によっては、おやこ名刺というカテゴリがなく、可愛いデザインのものをおやこ名刺代わりに作る人もいます。印刷会社によって違いはありますが、スピード仕上がりをすれば時間や地域によっては即日発送の翌日お届けという超スピードで作ってくれる印刷会社もあります。ただし、スピード仕上がりは若干割高なので急ぎではない人は通常便の方がお得です。

名刺のデザインは同じでも、光沢のあるタイプなど特徴を持たせることが可能です。これは印刷会社だからこそ出来る技術と言っても過言ではありません。おやこ名刺を作る人は、全員ではないですが何らかのオリジナル要素を持たせたものを作る人が多い傾向があります。中には箔押しタイプの名刺を作って、周りにアピールをする人もいます。おやこ名刺は印刷会社に依頼するとしても、自分らしさが強く出る商品です。印刷会社にはプロのデザイナーが常駐しているため、格安名刺でも本格的なものに仕上がります。印刷会社は数多くありますが、自分好みの会社を見つけて、おやこ名刺を作りましょう。

《参考HP》名刺作成サイト – デザイン名刺.net